弁護士間川清のめざせ!さぬきうどん全店制覇!!

香川県在住の弁護士間川清が、県内さぬきうどんの食べ歩き記録や、好きなこと、考えていることなどを書くブログ

水炊きうどんは鍋とうどんのいいとこ取り @黒田家高松西インター店

黒田家高松西インター店

 

支店名のとおり、高松自動車道高松西インター近くにあるうどん屋さん。

黒田家さんは、高松市内に2店舗を構えるうどんのチェーン店。

うどん屋さんには珍しく深夜(というか早朝)5時まで営業している。

香川のうどん屋さんは、夕方までに閉店するお店がほとんどなので、深夜早朝営業しているお店は貴重。

 

またうどんだけではなく、ラーメンも食べられる。

 

メニューが豊富で迷ったが、メニューに写真付きで載っている「水炊きうどん」630円を注文。

「水炊きうどん」なるメニューは、これまで見たことがない。


注文後、大根おろし、ポン酢、取り皿、レンゲが最初に運ばれてくる。

どうやら、お鍋のように、取り皿にうどんや具をとってから、おろしとポン酢を掛けて食べるスタイルのようだ。


程なくしてうどん到着、鉄鍋にうどんと野菜そして豚肉がアツアツの状態で入っている。


まずは、ダシと具そして麺を取り皿に入れ、そのままの状態で食べてみる。

ダシは、やや薄め、これはポン酢を入れて食べることを想定しているからだろう。

薄めとはいっても旨味は濃厚。

野菜と豚肉がしっかりと煮込まれ、そのダシと旨味がたっぷりと出ている。

これはまさしくお鍋のうまさだ。


麺は細め。

煮込まれているものの、しっかりと原型は保たれており、麺の旨味も抜けていない。


2回めは、おろしとポン酢を掛けて食べる。

おろしポン酢のおかげで、さっぱりと食べられ、野菜と肉そして麺のうまみだけを純粋に味わうことができる。

塩気も、ポン酢のおかげでちょうどいい塩梅。


これは美味しい。


お鍋の美味しさと、うどんの美味しさを一度に味わえる。


ボリュームもかなりのもの。

お腹いっぱいになった。

鉄鍋なのでアツアツが続くのもうれしい。


冬には最適なメニューだと思う。

また来年の冬にも食べたい。

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 


#うどん

#さぬきうどん

#讃岐うどん

#うどん県

#香川県

#麺スタグラム

#香川

#黒田家

#水炊きうどん

#高松西インター店