弁護士間川清のめざせ!さぬきうどん全店制覇!!

香川県在住の弁護士間川清が、県内さぬきうどんの食べ歩き記録や、好きなこと、考えていることなどを書くブログ

高松で家系ラーメン食べるならここ一択 @高松家

高松家

 

家系ラーメンとは1974年以降に登場した神奈川県横浜市発祥の豚骨醤油ベースで太いストレート麺を特徴とするラーメンのラーメン店群である(ウィキペディアより)。

 

ja.wikipedia.org

 

家系ラーメンの定義はいろいろとあるだろうが、私のイメージは、豚骨醤油味、味が濃くてしょっぱい、ノリとほうれん草がのっている、スープがご飯にあう、といったところ。

 

食べた後ついついスープが美味しくて飲むのだが、塩気が強くて喉が乾くのも特徴の一つ(飲まなければいいだけなのだが 笑)。

 

 

普段うどんばかり食べている私であるが、ふと家系ラーメンが食べたくなった。

 

そこで、住んでいる高松で食べることができるのか調べてみた。

 

するとあった、その名も「高松家」。

 

 

 

「家」という名前がついているから家系ラーメンに間違いない。

 

いろいろと調べてみたが、このお店の他に高松で本格的な家系ラーメンのお店は見当たらなかった。

 

早速訪問。

 

店内の席はカウンターのみ。20席もないくらいかな?

 

休日のお昼、訪問時にはちょうど満席。

 

しかしすぐに空いたので座れる。

 

その前に食券を買う。

 

基本のラーメンの中を注文。

 

サイドメニューもいろいろある様子。

 

現金支払いのサイドメニューもあり、茎わかめ50円をトッピングすることに。

 

食券を渡すと店員さんから、味の濃さ、油の量、麺の硬さを尋ねられる。

 

とりあえず全部普通にする。

 

 

 

カウンターなので目の前でラーメンを作っている様子が見える。

 

火にかけられた寸胴には、豚骨がたくさん煮込まれている。

 

これだけ煮込んだらおいしいスープができるだろう。

 

 

ほどなくして到着。

 

 

醤油豚骨の濃いスープ、ノリ、ほうれん草、見た目からして間違いなく家系だ。

 

まずはスープ。

 

うまい!ガツンとした塩気、コクのある豚骨と醤油、そしてうまい脂。

 

スープだけでご飯丼1杯行けそうだ。

 

麺はもちっとした食感。

 

これがまたスープに良く絡む!

 

麺の旨味とスープの旨味が口のなかで渾然一体となって至福の味。

 

 

スープに浸したノリを麺に絡めたり、ほうれん草で口休めをしたり忙しい。

 

トッピングの茎わかめもいい味出している。

 

コリコリとした食感と、ワカメの風味・塩気が絶妙。

 

 

あっというまに完食。

 

残ったスープがもったいなくてついつい飲んでしまう。

 

 

案の定、食後は喉が乾いてしょうがない。

 

美味しいけど塩分多いんだよなー

 

 

ということでごちそうさまでした。

 

がっつりと家系ラーメン成分を補充でき満足できました。

 

高松で家系ラーメンが欲しくなったらここ一択。

 

また食べに来よう!